あんぜんステーション®

SAFETY STATION

あんぜんステーション®とは

あんぜんステーション®

広域の災害が発生すると、道路は通行止め、交通インフラは麻痺し、多くの人が家族の待つ自宅に 帰れなくなるかもしれません。

そんな時、自宅周辺に家族が頼りにできる人はいるでしょうか。また、避難所に地域住民が集まったときに、家族の姿が見えなければ、すぐに安 否確認を行ってくれる人は何人いるでしょうか。自分や家族が困難な状況におちいったときに、頼 りになるのは遠くの親類よりも近所の知人・友人です。日頃からコミュニケーションをとって、住民同士で協力して地域 を、人命を守ることが、あなたと、あなたの家族の被災リスクを軽減させてくれます。そこで重要となることが、地域においてコミュニティが充分に働いているかどうかです。地域で行われる避難訓練や 防災のイベントあるいは楽しい地区のつどいに参加することは、いざというときのシミュレーションであるとともに地域住民同士のコミュニ ケーションとして大切なコミュニティになります。

「あんぜんステーション®」はそんな地域災害コミュニティ構成の新しい取り組みとして 展開され、「ママと子どもの地盤と住まい教室」「パパと子どもの地盤と住まいのミニキャンプ」といったワークショップは、そうした平時の 地域コミュニティとして機能します。

当協会では、災害に密接に関わりある知見と地盤コンシェルジュ®認定制度で集積するネットワークを活用し、地域に根ざしたコミュニティを構築し、くらしの安全に貢献していきます。

あんぜんステーション®認定研修

当協会では、地域における防災・防犯コミュニティづくりの推進のための具体的な取り組みとしまして「あんぜんステーション®」認定を開始いたします。

あんぜんステーション®は、建築業・地盤業に関連する私たちが「人間の安全」という観点から何ができるのかという事を考えた場合、「住宅」としての製品安全はもちろん、防災・減災安全、防犯安全を担保する活動を地域の拠点として行うものです。

あんぜんステーション®個人への認定ではなく工務店・地盤業者向け企業への認定です。あんぜんステーション®認定にはあんぜんステーション®認定研修をうけていただく必要がございます。認定研修は、組織の責任者として個人の方に受講していただき、試験に合格された方が所属する組織に付与いたします。

あんぜんステーション®研修カリキュラム

第1部
  • 1.日本人の意識調査
  • 2.日本の犯罪
  • 3.日本の災害
第2部
  • 1.あんぜんステーション®のハードウェア
  • 2.あんぜんステーション®のソフトウェア
  • 3.あんぜんステーション®のヒューマンウェア
  • 4.地域災害ネット―ワークSNS
  • 5.地域災害復興

あんぜんステーション®認定研修については、ただいま準備中です。

リスクコミュニケーションという観点

リスクコミュニケーション

リスクコミュニケーションは社会を取り巻くリスクに関する正確な情報を、関係主体間で共有し、相互に意思疎通を図ることが重要です。地域及び地域の安全において不可欠な行政、専門家、企業、市民の役割を明らかにし、そのための意識共有や強力関係づくりの方策として、各主体がともに危機について意見や情報を交換し、共有し合うリスクコミュニケーションが不可欠とされています。一般社団法人 地盤保全協会の構想が実現化すれば、日本の国土形成の一助となるかと考えます。

一般の方へ向けた防災ワークショップ

防災ワークショップは、「あんぜんステーション®」や「認知症コンシェルジュ®」認定者在籍店で実施する企画といってもなにをすればいいのかわからない?本部では推奨企画のマニュアルをご用意いたしますので安心して実施が可能です。地域コミュニティづくりの促進や知識向上等への貢献とともに、あんぜんステーション®認定店としての信頼性向上など数多くのメリットがあります。

「ママと子どもの地盤と住まい教室」

「ママと子どもの地盤と住まい教室」は、地域における防災コミュニティの一翼を担う目的として建築会社が、地盤災害と地盤の品質を予測し、建物の構造・基礎と地盤のトータルバランスを担保するための知識や方法を体験的にエンドユーザーに習得していただくために実施するものです。

「パパと子どもの地盤と住まいミニキャンプ」

ユンボを使っての穴掘りなど地盤業者の協力の元、室外で行う災害知識取得の体験会。トイレを作ろう、穴掘り大作戦、地すべり大作戦、液状化再現大作戦などによってやさし く災害を理解してもらいます。

「みんなの災害食キッチンスタジアム」

「もしもに備える食」(清流出版)などの著作があり、管理栄養 士・災害食専門員・食育指導士・水のマイスター・ジュニア野菜 ソムリエ・フードライフコーデュネーター資格を持つ、“今泉マユ子”氏を招いての災害食料理教室。

このページの先頭へ